AIRアーティスト・イン・レジデンス

上演期間:9/13(土)〜 28(日)
会場:鳥の劇場、鹿野往来交流館「童里夢」、「議場劇場」(旧鹿野町議場)、旧小鷲河小学校 他
韓国、アメリカ、フランスなど海外からの招へい作品に加え、日本国内の劇団や地域で創られた現代演劇を上演します。第14回全国障がい者芸術・文化祭とっとり大会とのタイアップも。
出演団体・演目:アーティストページ
ディディエ・ガラス(フランス)
サダリ・ムーブメント・ラボラトリー(韓国)
Theater Breaking Through Barriers(アメリカ)
みやざき◎まあるい劇場(宮崎)
※「あいサポート・アートとっとりフェスタ」共催事業、
ハイバイ(東京)
余越保子(日本・アメリカ)
ながめくらしつ(東京)
鳥の劇場(鳥取)『天使バビロンに来たる』
[特別上演]
高瀬アキ(ドイツ)+岡登志子(兵庫)
そのほか。
トークイベント、ワークショップ、まち歩き、パーティーも予定
プログラム・ディレクター:中島諒人
運営団体:鳥の劇場運営委員会
2014年の会期を終了いたしました。
アーティスト滞在期間:
11月初旬 ~ 11月25日(火)
上演:11/22(土)
会場:鳥取市(若桜街道、智頭街道、鹿野街道)
フランス人演出家ディディエ・ガラスが鳥取のまちなかのために書き下ろした台本を地元の小学生と地域の人々で上演。
上演会場はまち、まるごとです。
【アーティスト】
運営団体:因幡さんかいどう物語+NPO法人 鳥の劇場
ディレクター:中島諒人
鳥の演劇祭7
ここだけの体験 ここだけの演劇
大人も子どもものんびり楽しむ とっとりの山里と世界の演劇

ニューヨーク、パリ、ソウル、東京、宮崎、そして鳥取。各地から集まった気鋭の実演家たちによる上演と、地元で生まれた作品群。「ここでしか見られない」ラインナップを、鹿野町内の各会場でゆったりと鑑賞できる演劇祭。
上演の合間には、カフェやセレクトショップ、町歩き、そして「週末だけのまちみせ」などをお楽しみください。

上演期間: 9/13(土)〜9/28(日)
ウェブサイト: http://www.birdtheatre.org/engekisai/
芸術学校
県内各地で、現代美術家、キュレーター、デザイナーなど様々な分野のクリエーターなどをゲストに招き、「藝」「住」をめぐるトークイベントを開催します。

◎日比野克彦さん(アーティスト)~「日比野さん、アートって何ですか?」終了しました。

[1] 日時: 10月7日(火)21:00〜22:00
会場: 旧仲倉医院(倉吉市越殿町1551)

※モデレーター:林暁甫(鳥取藝住祭 総合ディレクター)

[2] 日時: 10月8日(水)13:00〜15:00
会場: 倉吉市役所 第二会議室

※日比野克彦さんプレゼンテーション後、齋藤啓さん(鳥の劇場)との対談。

いずれも入場無料 予約不要

◎竹川宣彰さん(アーティスト)終了しました。

日時: 10月13日(月/祝)16:00~17:30
会場: 旧仲倉医院(倉吉市越殿町1551)

入場無料 予約不要

※翌14日(火)~、活動準備室ぼうし(倉吉市)で、竹川さんの作品展示〈Nomadism遊牧〉公開展示
設営も開催。

◎波田野州平さん(映画作家)終了しました。

日時: 10月15日(水)19:30~21:00
会場: 倉吉市立小鴨小学校2F多目的ホール(倉吉市中河原775−1)

入場無料 予約不要

※倉吉出身の映像作家。波田野さんの映画作品「断層紀」上映後トークを行う。

◎住友文彦さん(「アーツ前橋」館長)終了しました。
~「住友さん、アートをきっかけに街を変えていくには何が必要でしょうか?」~

日時: 10月31日(金)19:00〜21:00
会場: 米子専門大店3F(米子市)

入場無料 定員30名(当日先着順)

※モデレーター:林曉甫(鳥取藝住祭総合ディレクター)

◎白岡崇さん(デザイナー)

日時: 11月21日(金)19:30〜21:00
※19:00〜19:20 民藝美術館展示解説 を行います。
会場: 鳥取民藝美術館2F(鳥取市栄町651)

入場無料、定員25名(当日先着順)

※白岡崇さん、木谷清人さん(鳥取藝住祭実行委員、鳥取市文化財団理事長)
中島諒人さん(鳥取藝住祭総合プロデューサー、鳥の劇場 芸術監督)と鼎談形式のトーク予定

◎相馬千秋さん(アートプロデューサー)

日時: 11月23日(日)17:00〜18:30
会場: 鳥の劇場(鳥取市鹿野町鹿野1812-1)

※中島諒人さんと対談形式のトーク