川と路2015

川と路2015

因幡さんかいどう物語

鳥取市中心市街地を結ぶ袋川は、江戸時代には城下町の重要なライフラインとして食料や物資の輸送、庶民の憩いの場所として生活には欠かせない大変重要な川であった。その川で大きな役割を果たしていたのは「舟」である。しかし、時代の変化とともにインフラの整備が進み、川から路へ拠点が移っていった。その時代の変遷を表現し、かつて重要とされた舟が現在の路を渡ることにより、人々の生活の知恵や工夫、生きていくための活力、時代の流れの中で忘れてはいけない魂、そして未来に向かって新たに築いていく創造を感じてもらう。
智頭街道の「きなんせ広場」を拠点に各路を通りながら鳥取市中心市街地エリアの空き地などで、舟を使ったカフェを設置する。舟には大型ではあるがアナログなろ過装置が付いており、袋川の水をろ過しながらきれいな水への変化と時代の流れの変化を重ね合わせる。
また、ろ過装置の製作を地域の子どもたちや高校生と一緒に行いアーティストとの交流を図り新たな創造や発見を促す。

This year, Inaba Sankaido story collaborates with “mi-ri meter”, Unit of Architect and Design, and they choose Fukurogawa river as the stage for this year. Fukurogawa river is the only river which connects Tottori City and each of three highways. In Edo era, people used it as a canal, and now it is loved by local people as place to rest. The will try to rediscover historical charm of there with local people and reconstructs a new connection between river and local district. (Translated by Nanako Yamaguchi)

会期 Term

9/5〜11/15

9/2(水)〜5(土)公開制作開始。9/5(土)にイベント開催します。
11/13(金)〜11/15(日)第2弾イベント開催します。

イベントUpcoming Events

プロジェクトオーガナイザーProject Organizer

因幡さんかいどう物語Inaba Sankaido Story
因幡さんかいどう物語
Inaba Sankaido Story

地域資源を活用したふれあいと賑わいを創出する事業を行うために、三つの商店街の振興会・振興組合などがタッグを組み、地域資源を活用したふれあいと賑わいの創出を目指すために立ち上げたのが「因幡さんかいどう物語」です。 “Inaba Sankaido Story” was established in 2014 by three Promotion Associations in Tottori City. Shikano-highway, Chizu-highway, and Wakasa-highway of Tottori inner city are the main streets of Tottori City to support and revitalize the area. About 30 years ago, those streets began to close down and to change as shading the lively neighborhood and transforming the merchant households to residential buildings. In 2014, with the plan to revitalize the inner city, three promotion associations tag in as a team and started “Inaba Sankaido Story” in order to aim to regenerate those areas.

〒680-0833
鳥取県鳥取市末広温泉町122-3F

作家Artists

鳥取藝住ロゴ
鳥取藝住とは About
Map