ジャーナル Journal

大山アニメーション祭 大盛況にて終了!!

Nov 25, 2015
大山アニメーション祭 大盛況にて終了!!

6月にアーティストお二人のリサーチ滞在から始まった「大山アニメーションプロジェクト2015」。

今年度は、animation soupからヨシムラエリさん、永田ナヲミさんを招へいし、大山町に実際に住んでいる方々を基にしたコマ撮りアニメーションを制作しました。

祭当日14日のお昼頃に完成したアニメーション、その名も『ボロ』。15年前に大山町へ移住して来られた、漁師の中村さんが主人公の約7分にもおよぶ作品です。

_4MG9870

中村さんは、ご自身のキャラクターの声を直接担当され、挿入歌も漁師のお師匠さんと一緒にレコーディングされ大活躍!(もちろんそのお師匠さんもアニメーションの中に登場!)

挿入歌=主題歌の『今を信じて』は、中村さんが普段鼻歌で唄っていたメロディをたまたまアートディレクターの大下さんが録音されていたことから出来上がりました。

主題歌は今年度も森田さやかさんが担当。透き通る美ボイスで会場の皆が優しい、心温まる、穏やかな世界に引き込まれました。

14日にはオープニングパーティ《DAISEN FEAST》(ダイセンフィースト)が行われ、大山の美味しい食材を使用して「アート」な料理の数々を作って下さいました。地元の漁師さんや猟師さん、農家さんから食材を沢山いただいたそうです。参加者は120名にものぼり、皆さんがそのおいしい料理に舌鼓をうっていました。

_IMG1983_IMG1971

賑やかな宴が行われる中、過去に制作した2作品の上映が行われ、最後に今年度の作品『ボロ』が上映されました。地元の方々の参加も多かったので、見知った人物がキャラクターになっていることが面白く(本当にどのキャラクターもご本人にそっくり!!)笑い声もありの楽しい上映会となりました。

上映後、主人公の中村さんを始めキャラクターとなって登場した地域のみなさんと、招へいアーティストのお二人、24Hアニメーションリレーに参加頂いていたanimation soupの方々の、制作話も少しお聞きしました。

_4MG0043

また、アニメーション祭の期間中はanimation soup全面協力により、初の試みである「24Hアニメーションリレー」も開催!

何人ものアニメーターの皆さんがリレー形式で一つのコマ撮りアニメーション作品を制作していきました。その模様は、ユートリーム放送もされました。前の走者?が制作したシーンから受け継いだ人がその続きを制作していく…結果、24時間以上の制作時間をかけて完成。

_IMG1508_IMG1524

完成した作品は15日に上映され、皆様にお披露目となりました。

アニメーションを通じて、地域の方々とアーティストを結びつけているこのプロジェクト。昨年度の招聘アーティスト チャンキー松本さん&いぬんこさんは、今年度も大山町にいらっしゃって大山町の盆踊りを制作。「大山踊るワワワ」というイベントも開催し、大山町の方々との交流をより深められました。

アニメーション祭の際にもMCや影絵上映、24Hアニメーションリレーの参加、果ては掲示する当日プログラムの作成までがっつりと関わっていただき、フル稼働。私たちも、またチャンキー松本さんといぬんこさんに会えたことがとても嬉しかったです。

_4MG0051_IMG1582

「また大山町に来たい!」とアーティストの方々に言っていただける。…そんな雰囲気を、運営団体の[築き会]を始め、[やらいや逢坂]の方々ほか地域の方々と着実に作り上げている大山町。今後もその活動が見逃せません。

New Journal

鳥取藝住ロゴ
鳥取藝住とは About
Map