ジャーナル Journal

〈鳥の演劇祭8〉オープニング・パーティー盛り上がりました!

Sep 16, 2015
〈鳥の演劇祭8〉オープニング・パーティー盛り上がりました!

「鳥の演劇祭」のパーティーは、出演者やスタッフも参加して、会期中に3回行われます。このパーティーを楽しみに毎年来られる地元の方も大勢いらっしゃって、演劇祭の恒例行事になっています。

SONY DSC

まずは、初日に行われるオープニング・パーティー!鳥の劇場のホワイエを会場に、代表理事の中島諒人さん自らがマイクを持って進行され、とてもアットホームな雰囲気です。

SONY DSC

演劇祭のパーティーはお料理が豪華なんです!写真のほかにも「かつおのたたきと焼長芋の香味ポン酢マヨ」「栗とじゃこのガーリックバターおにぎり」など、季節の食材も取り入れたおしゃれなお料理の数々が並びました。演劇祭の中で「鳥のカフェ」に出店されているcafé-neeさんのお料理です。

SONY DSC

パーティーでは、参加しているカンパニーが出し物をするのも特徴です。三角の帽子をかぶっているのは、鳥の劇場の俳優・スタッフ陣。リコーダーで「かえるの合奏♪」を演奏しました。

SONY DSC

新人Hソケリッサ!は、メンバーのおひとりが民謡「貝がら節」を披露されました。東京生まれとのことですが、お母様が昔からよくレコードを聴いていらして、今回鳥取に来られて歌詞を思い出されたそうです。「貝がら節」は、鳥の劇場がある鹿野町のお隣、気高町浜村が発祥の民謡。東京の方に知って頂いていたということはとても嬉しく、会場のみんなで声をそろえて歌いました。

SONY DSC

このほかにも、ちんどんや南京玉すだれ、ジャグリング、即興の歌などが披露されました。さすが皆さん芸達者です。

SONY DSC

そして、最後に、鳥取藝住祭の実行委員長で、鳥取大学地域学部教授の野田邦弘先生がステージ上で鳥取藝住祭のPRもしてくださいました。県内の10の民間団体が地域に根差した個性豊かなプロジェクトを進めていること。そして、「2020年までに鳥取県にアーティストを1万人移住させましょう!クリエーター、アーティースト、何かもやもやした気持ちをもっている若者にはみんな鳥取県に来てもらいましょう!」と野田先生。この「1万人」という数には、さすがに会場からどよめきが起こってはいましたが、なにか鳥取でおもしろいことが起こってきているんだなと思って頂けたような気がします。

「鳥の演劇祭」は鳥取藝住祭の中でもメインイベントのひとつ。「鳥の演劇祭8」の開幕を機に、鳥取藝住祭はますます盛り上がっていきます!

-----------------------------

〈鳥の演劇祭8 今後のパーティーの予定〉

・フェスティバル・パーティー 9月20日(日)20:30~22:00

・クロージング・パーティー  9月27日(日)20:30~22:00

会場:鳥の劇場ホワイエ

料金:1,000円(ドリンク・軽食付き)

 

鳥の演劇祭8 ホームページ http://www.birdtheatre.org/engekisai/

鳥の演劇祭8 フェイスブック https://www.facebook.com/torinoengekisai

New Journal

鳥取藝住ロゴ
鳥取藝住とは About
Map